それから、私たちは二人とも、同じお店にサンドイッチを注文したの。

私は彼と同じ白パンのレタスとトマトサンドイッチを注文した。

すばらしい!

人は無意味な無数の決定をします。

それから、ある日、持ち帰り用の料理を注文し、それが運命を変えます。

運命が導いてくれた。

ママ、運命とは私たちがでっち上げたものなの。

まあ、それは兆しではありませんでした。

それは偶然の一致です。

彼は、その夜仕事をする予定ではなかった、仕事をしなかったらどうなったでしょう?

彼は私に真夜中の散歩に誘った。

多分何回もこのお話をしたけど、全く気にしません。

それから、彼は私の手を取りました。

分かる?

マジック!それはマジックだった。

私は分かっていたの、二人は永遠にともに過ごすと。

ウオルター・・・ずいぶん堅い名前ね。

だから、時間がかかっても心配することありません。

ばかばかしい! / ナンセンスだ!

どんな具合?