シアトル・マガジン今年の顔になる。

そのうち、分かるよ。

これは難しい事になる。

彼女に電話をかけるのかい?

そんなこと彼女に見透かれないかな?

自分なりの品の良いやり方でやりなさい。

パパ、ドアを閉めてくれる?

あなたは私のことを覚えていらっしゃるどうか分かりません。

もし良ければ、ご一緒に飲み物でもいかがかと思いまして。

ディナーが遙かに素晴らしいです。

金曜日は素晴らしい、結構です。

そこは素敵なお店だそうです。

時間は7:30で大丈夫です。

じゃ、そこでお会いしましょう。

彼に恋をしているのですか?

時も、遠い所も、彼らには拒むものは何もない。

それが真実です。本物です。

そのあたりが、あなたの問題点です。

あなたは、恋をしたくない、映画の中で恋をしたいのだ。

私にそれを読んでよ。

こんな手紙は、人生で一度も書いた事が無い。

私は何でも捧げるわ、ウオルターと結婚できるなら。

万が一、この人が運命の男で、一度も会うことがなければ一体どうなるの。