皆さん。

それは悲劇である。

そのことは理解できる。

当然だ。

結論は何だろうか?

正にその通りである。

正しいように感じられる。

フェアではないだろう。

少し考えましょう。

ここでは誰が責められるべきか?

我々は人間を語っている。

それは痛ましいことである。

~のことを知って驚いている。

これが私の要点です。

我々は、どうしてマッシュさんが病院を責めているのかわかっている。

よく聞いて。/いいですか。

配達されたテーブルは私が注文したものと違う。

では事務所で会いましょう。

乾杯!

似たもの親子、この親にしてこの子あり。