膝を悪くしたのを気にしていない。

時間は少し掛かるかも知れないが、自分が分かるようになるでしょう。

こちらはレイチェル ターナの父親です。

レイチェルと話がしたいのです。

彼女からこんな手紙を受け取ったのです。

その内容は、悲しそうなのです。

これはあなた宛です、ターナーさん。

この家は正式に私達のものです。

私は覚えていません、自分がどのようであったか。

どうか別れて、出て行かないで!

あなたは覚えていなくても、私は覚えています。

私たちは恋をしていました、ずいぶん昔に。それから、心が離れてしまいました、長い期間ではありませんが。

後で電話します。

あなたの後をつけました。

話すことは何もありません。

何でも彼に怒りをぶちまけるべきではない。