パパ、やめて。

私、本気よ。

Eは無音なの。

ぺテスキーさんはいつも、何度も何度も繰り返させる。

しかし、私はそんなことさせない。

今度のは簡単よ。

良いですか、文字が言葉を作り、言葉は文章を作ります。

これは難解です。

やったあ!

どうしたの?何事?

彼女が読み方を教えてくれた!

あの、ドアの鍵がかかっていなかった。

まあ(驚いた)! どれだけショックだったか言えないくらいだ。

あなたはレストランにいたと思った瞬間、次にはあんな状態だもの。

やれやれ、連中は事務所に電話をかけ続けた。

チャーリーは、尋常ではなかった。

間もなくビックパーテイーが始まる。