ほら、また始まった! There you go〔again〕!

(奈緒、茶髪で美容院から出てくる) 

奈緒:ママ、おばあちゃん、どう?
 母:あらぁ、いいじゃない。貴女の小さな顔にぴったりだわ、ねえ?
   (娘の美しさに眼を細める母親)
祖母:(苦虫をかみつぶしたような顔をして、苦々しく)
   馬鹿言うんじゃないわよ、親子して! その茶色の髪はなによ!
   日本人は黒髪が一番。私が若い時には、黒髪が素敵な神田小町と
   呼ばれていたのよ!
 母:ほらまた始まった! 現代は個性尊重の時代よ。
祖母:ああいやだいやだ、見てごらん、あの人は白に染めてるよ!
奈緒:(あきれ顔で)あの人はお年寄りで、白髪なの!
祖母:ああいやだいやだ、歳はとりたくないわ。眼も悪くなったのかしら?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Nao is coming out of the beauty parlor, with her hair newly dyed brown.)
Nao: Mom, grandma, what do you think?
Mom: Look at you! You look fine.
That looks good on your small face, right?
(She is stunned by her daughter’s beauty.)
Grandma:(She said this very bitterly.) I don’t believe you guys!
I don’t like your brown hair! For Japanesse, black hair is
the best.
When I was young, I was called the black-haired beauty
in Kanda.
Mom: There she goes again! These days, we respect individuality…!
Grandma: Oh my, oh my. Look at her! She dyed her hair white!
Nao: (She said this with a disagreeably surprised look.)
Her hair turned grey with age!
Grandma: Oh, my goodness. I don’t want to get old.
I might have poor eyesight.

今回のキーセンテンス

◆ほら、また始まった! There you go〔again〕!◆
  『ローマの休日』より

解説

“ほら、また始まった!”の台詞は冒頭のシーンに出てきます。
アン王女が、‘Leave me! Leave me!’とヒステリーを起こし、 伯爵夫人は大あわてで侍従医を 呼びます。すると、また泣き 始め、伯爵夫人が‘There she goes again!’‘Give her something, Doctor, please!’”の台詞を言います。

‘My husband says that my cooking is the greatest.’
‘Oh-oh, there she goes again.’
“うちの人ったらお前の料理が最高だって言うのよ。”
“おやおや、また始まったよ。”の例のように、
“ほら、またやっている”“またそれを言う”という意味で使います。
相手が不愉快なことを繰り返すときに注意を促す言葉で‘you’以外の人称代名詞も用いられます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です